年の瀬

カレンダーがばら撒かれる
当たり前に未来を信じてる

年の終わりの挨拶もできないで、そもそもさよならさえ言えないで別れたあの人も
どこかで来年を、未来を信じてるんでしょう

今年に愛しさと虚しさを残したまま
どこへ向かえというのだろう

あなたも同じだと思っていた
同じ空間にいても、少しずつ崩れていた

区切りを付けるのにちょうどいいかもしれないよ、理由になるよ
取り残されるのは私だけでいいよ

どうかお元気で
良いお年を