ここは退屈迎えに来て

また私的大ヒットきました笑


ただこれは今の20代30代前半?くらいにしか響かないんだろうな

学生時代は誰にでもあると思うけど、あの町の風景、あの学校の雰囲気、放課後の過ごし方を知っている人じゃないと厳しいかもしれない

それからフジファブリックを知っているひとという条件も笑


現に私の隣に座っていたおじさんは最高につまらなそうだった


マイナスなイメージはこれくらいで映画としては良かったのではと思う

評価が低いみたいだけど、おそらく共感度数と映画全体に漂う退屈さ(題名に入ってるくらいだから狙ってそうしてるだろうけど)が好きかどうかの差だと思う


これは私の現実そのものすぎて私事が入りまくっている気がするので、そこはご了承ください笑

第1のまとめとしては、共感できるひとは吐き気がするレベルで胸が詰まるので覚悟してくださいということ笑

映画内で繰り広げられる会話、全部経験済みの人、私以外にも絶対いると思う笑



それでは詳しく、ちょっとネタバレかもです


簡単にいえば、椎名くんという学校の人気者を中心にいろんな女の子の今昔が描かれる


橋本愛さん演じる 私 は、卒業して東京に出て10年、結局地元に戻ってきた

これはもうね、私かと思ったよね笑

おまけに憧れの椎名くんが好きだったりして、ティファニーで朝食を とかオードリーヘップバーンも好きなんだろうな、いるよねこういう女子

結局何者にもなれなくて、というかなる気もなくて、ここで何してんだかな〜って

絶対共感する人いるでしょ?笑


そんな感じで、地方出身者なら絶対誰かに当てはまるような人ばっかり出てきます

おとなしく地元にいる人、大学から東京行って働く人、東京から戻ってきた人、東京に行きたい人


東京という幻想、椎名くんという幻想にずっと囚われてるわけです

それをどう扱うか、これからどうするか、そんなお話かな


過去に囚われて今を生きれないでいる人と、まぁなんだかんだ折り合いをつけて結婚とかしちゃって過去を思い出にしてる人と

どっちがいいのかね?

結局、今が一番楽しい人が全然出てこないので、まぁリアルだったりするわけです


人生を楽しむこと、今を楽しむこと

なんて簡単に言うけど、最高に難しいよね

でもそうしないと、どんどん嫌な自分になるから

自分でどうにかするしかないんだよね


そんな感じで、学生が終わって少し経った人は、思ったことあると思います


憧れだった人に会えばあの頃の自分に戻れるかもしれないとか、ずっと好きだった人の一部分であり続けたいとか、割とバカらしいことなのかもしれないな

一回はそう思っちゃうけどさ笑


そして現実の椎名くんを見て、我にかえるわけです

こっちの勝手もいいとこだけど


なれないものになりたくて、浮ついていられる東京で、何がしたいのかな


そんなことを思ってしまいました



話は変わってキャスト陣ですが、みんな良かった〜〜!素晴らしいの一言

また言うけど、渡辺大知さんやはり好き

微妙な役どころ、本当にすごい、当たり前だけど歌が上手い

あとは片山さんスタイルいいなぁってしみじみ笑


とりあえず茜色の夕日を聴いて寝ます

明日も頑張ろう


f:id:lou-wmyp:20181023230158j:plain






HOUSE

気付いたら10ヶ月近く更新していなくて

本当に驚いています笑


年月が経てば経つほど

後悔が増えているような気がして

忘れたいことも忘れたくないことも

山のようにあるけど

いつになったら折り合いを付けられるようになるのでしょうか


この数ヶ月

自分と向き合わないといけないと

夜眠れなくなるくらい悶々としていて

それでも素直になれない状態で

割と苦しかった気がします


どこかで変わらないと

どんどん自分のことすら信じられなくなることが、いよいよ現実味を帯びてきている


過去にすがらないで生きるためには

過去以上に今が楽しくないといけないことは

分かっているのだけど


そんな感じで、季節性うつ っていうのかな

そんな状態だったんですが、

ようやく気力が戻ってきました


近況報告はそんな感じで笑



今回の題名HOUSEは

大好きなyonigeの新しいアルバムタイトル

またすごいものを作ってくれたもんです

大好きしかないです


上に書いたような

後悔していること、忘れたいこと、忘れたくないこと

そんなどちらかといえばネガティブなところを全部肯定してくれるような曲たちでした


牛丸ちゃんの書く歌詞は

現実だけど作品なんだよなぁ

本当に素敵


全曲好きだけど

私は、「ベランダ」からの「春の嵐」の流れが大好きです


不安とか憂鬱が消えてなくなってしまうことは僕にとって本当に求めてたことなのかな


もう少し頑張ってみます


勝手にふるえてろ

やはり映画館で観る映画は格別ですね。

最高に好きだ。


ここ最近、自分の年齢や境遇に近い主人公の映画を観ることが多く、必然、共感度数が高くなるわけです。


勝手にふるえてろ

私の中で空前の大ヒット、笑

映画館から逃げたくなるくらいの共感度数。

泣いて笑って苦しくなっての繰り返し。

軽快なようで、全然軽快じゃない、むしろテーマは重かったように思います。


少しネタバレが入りますが、

もし主人公ヨシカが隣の住民や街で会う人たちとあれくらい話せているのが現実だとすれば、私はこの映画を嫌いになっていました。あれだけ拗らせている女子が、話せるわけがない笑。ただ、ああやって話せたらなと妄想する気持ちはとてつもなく分かる。

自分勝手で、自分の興味のないこと以外関わりたくない、人間もそう。現実世界と孤立しているような感覚。

相手が全てを受け止めてくれると思ってる、最高に愛おしい主人公でした。

側から見たらくそ迷惑なんですけどね笑。


実際に動かないと見えてこない相手の気持ちが、想像と違ったときのショックといったら計り知れません。そこから生まれる感情があることも分からなかった主人公が、一歩を踏み出す様に、もう少し頑張ってみようと思えました。


この映画は、そういう話の内容はもちろんですが、キャスティングの素晴らしさは絶対に語っておきたいところです。


ラストシーンで、松岡茉優さん、渡辺大知さんありがとうという気持ちになります笑。

適役のあまり何も言うことはないです。


だめだ、もう言葉が出てこないので

もう一度観てきます、それがいいわ笑。


かなり、ちゃんと好き。っていつか言われてみたいですね笑

きちんと相手や物事に向き合ってみようと思います。


新年1発目、良い映画に出会えました。

ラストシーンからのエンディングがとってもお気に入り。


年の瀬

カレンダーがばら撒かれる
当たり前に未来を信じてる

年の終わりの挨拶もできないで、そもそもさよならさえ言えないで別れたあの人も
どこかで来年を、未来を信じてるんでしょう

今年に愛しさと虚しさを残したまま
どこへ向かえというのだろう

あなたも同じだと思っていた
同じ空間にいても、少しずつ崩れていた

区切りを付けるのにちょうどいいかもしれないよ、理由になるよ
取り残されるのは私だけでいいよ

どうかお元気で
良いお年を



よぎー

最近やたらと聴いている曲

CLIMAX NIGHT/Yogee New Waves

正直聴かず嫌いだったけど

今さらハマっております

こんな夜ってあるよね

夜って何考えても良い方向にいかないと思ってるし

むだにエモくなるし

さっさと寝ろよって自分でも思うけど

それでもこんなこと考えちゃうのも悪くない

とかひたすら矛盾してしまうのです

夜中聴きたくなる曲って

自分の中で結構あって

自分以外もこうやって悶々としてるのかと思うと

ちょっと安心したり

会いにいけばいいんだけどね

なかなかそうもいかないしね

ひたすら寂しい切ない夜も

音楽があればどうにか持ちこたえられるんじゃないかと思うから

そういうところ音楽ってやばい

そして語彙力もなくなる

そんな夜です

あぁ 酷い夜のこと忘れてくれないか

もう一度だけキスしてくれないか

そんな夜さ

The ピーズ

本当は文章を書くか迷ったんだけど

記念に書きますね

ギリギリまで行けるか分からなかった

Theピーズ30周年日本武道館

いろんな偶然か必然かが重なって

行けることになりました

行ってよかった

行けてよかった

ただただありがとう

という気持ちです

30年のうちのほんの数年しか知らないし

ライブも行ったことがないに等しいけど

あの落ち着く感じは

30年やってきたあの3人にしか

出せないんだと思う

では私のレビューを

本当はお客さんみんなのレビューを読みたい笑

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あそこまで祝福ムードお祭りムードのライブは

初めて観た

みんなピーズが大好きだって気持ちが

溢れて息苦しいくらいの満員の客席

それを受け止めて

素直に嬉しい、ありがとうと言ってくれる3人

こんなに幸せな空間ってあるんだなぁ

みんなそれぞれ葛藤がある中であの武道館に集まったのだと思う

もちろんピーズの3人も

それでもずっと笑顔で

(お客さんは今にも泣きそうだったけど笑)

3時間超同じ空間にいられたことが本当に嬉しかった

温霧島のとき

幸せだったなぁ僕は

と歌っていたハルさんが少し切なかった

まだそんなことを言うのは早いですよ、と

これがラストライブなわけじゃないけど

いつかそういう時が来るのかもなぁ

と考えてしまったり

でもアビさんが言っていた通り

ピーズの音楽は血となり骨となり

体中を駆け巡っているから

ずっといろんな人の心に残るから

大丈夫だ

そんなことを思いながら

あっという間に本編が終了

ものすごい速さ

まだまだ燃えきっていない武道館

アンコールのほうが

ずっと切なくて儚くて楽しかったのではと

個人的に思っている

書き出すといくらでも書ける気がするから

最後の最後のグライダーについてだけ

客席ライトがぱっとついてグライダーが始まる

あの瞬間の全員の笑顔は

たぶんずっと忘れない

よく見えるようになった客席を

隅から隅まで見る3人

なんて素敵な笑顔なのか

50歳を超えて様々なことを知って乗り越えて

それなのに

なんであんな純粋な笑顔ができるんだ

羨ましかった

ああいう大人になりたいと思った

夢を見せてくれてありがとう

最後の最後まで中々帰らない3人とお客さん

音源で好きなコはできたが流れる

お客さんの手拍子と大合唱

手を繋いでお辞儀をするのかと思いきや

手を繋ぎながらぐるぐるまわる3人

幸せだったなぁ僕は私は

Theピーズの3人

Theピーズがいてくれてよかった

そう思いながら生きてきたであろう

あの空間に居合わせた人たち

本当に本当にありがとう

生きのばそうぜ

ハルさん全員のお葬式お願いしますよ笑

永遠に移動時間が続けばいいのに

とよく思う

電車でもバスでも新幹線でも

なんでもいいけど

ずっと乗ってたい

着かないでほしい

楽しみなことに向かう

時間でさえそう思うから

時間が止まってほしいんだと思う

ずーっとそのままなんて

無理なんだけどね

分かってるつもりだけどね

たぶん分かってないんだなぁ